2015年度 為替・株式ニュース

2015年度 為替・株式ニュース
スポンサーリンク

2015年度 為替・株式ニュース

2015年度の為替・株式の一大ニュースを所感を交えてアップしていきたいと思います。

 

 

2015/1/16 EUR/CHFペッグ制崩壊によりAlpari.UK破綻 

 

1/16 21:30頃、突然1通のメールが届きました。

 

タイトル:【アルパリジャパン】アルパリUKより重要なお知らせ

 

なんだ?またMT4のバージョンアップとかでトラブルか?なんて思いながら、
本文を確認したところ、衝撃の事実がサラっと書かれているではありませんか。

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 

お客様各位

 

平素よりアルパリジャパンをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
下記のとおり、本日1月16日付けで当社の親会社およびカバー先であるアルパリUKより
以下のアナウンスがございましたことをお伝えいたします。

 

「スイス国立銀行が対ユーロでの上限を撤廃したことにより、スイスフラン関連の
通貨ペアを中心に相場が大きく変動、また流動性の低下が生じました。
その影響により多くのお客様が有効証拠金を上回る損失を被りました。
お客様が損失をカバーできない場合、当社に引き継がれます。
その結果、アルパリ(UK) Limitedは本日(2015年1月16日)をもって破綻致します。
お客様の資産はFCAの規定に基づき引き続き当社の資産とは分別して管理されております。

 

原文:
http://www.alpari.co.uk/client-updates/notifications/posts/2015
/january/important-announcement#sthash.OpucnZQL.dpuf」

 

 

なお、本決定に基づき、誠に不本意ながらお客様がアルパリジャパンにて、現在お持ちの
ポジションを早急にすべて強制決済させて頂くこととなりましたことをご報告させて
いただきます。

 

また同時に新規ポジションをお持ちいただく事、入金、口座開設につきましても
今後一切を中止とさせていただきますことをご了承頂きたく存じます。
日本におきましても、お客様からお預かりしている資産はすべて完全信託保全の対象と
なっております。(http://www.alpari.jp/service/trust/)

 

その他今後の対応については決まり次第、あらためてご報告させていただきます。

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 

 

Aplari UK Japan 破綻

 

 

つまり、アルパリジャパンも親会社と運命と共にすべく、終了しますとのこと。
FX業者が破綻した流れとしてはざっくりこんな感じでしょうか。

 

 

スイス銀行がEUR/CHFを1.2以上保持すると宣言していた。
(ペッグ通貨といって香港ドルも米ドルとペッグされている)

皆、下限の1.2付近で通過を買いまくる。
なぜなら、スイス銀行が保証してくれるから。

ある日突然苦しくなったスイス銀行がやーめた!という。
(スイ銀バズーカ!!!)

売る人ばかりで買う人がいないから、需給バランスが崩れて1.2から
2000pips程一瞬で大暴落。
※FXは普通資金がゼロになったら強制決済されるが、売買そのものが
成立しないくらい相場が荒れている状態…。

売れるころ(売買が成立するころ)には格安に…。

FXでハイレバレッジをかけていた人は、赤字に…。(涙)
もしくはFX業者が多額の損失を抱える…。(涙)

ユーザーが払える見込みもない額だからFX業者も破綻していく…。(涙)

 

 

 

ちなみに、アルパリジャパンは日本のFX業者なので信託保全されており、
口座に残額がある人にはちゃんと出金される見込みです。
いつ振り込まれるのかは分かりませんが…。時間かかりそう…。
http://www.alpari.jp/jp/cnews/show/id/5295/

 

 

⇒出金依頼して数日で振り込まれるようです。
振込完了メールは来ませんが、Daily Confirmationメールで
出金されたことが分かります。

 

 

株式でも信用取引してレバレッジをかければ同じことが起こり得ます。
このようなリスクが相場には少なからずあるという教訓にして、
大変ツライですが、このスイスショックを乗り越えましょう。

 

 

2015/1/15 スイ銀バズーカによりEUR/CHFペッグ制崩壊 

 

 

EUR/CHFが1.2以上になるようにスイス中央銀行が買い支えるという政策が
突然中止になり、相場が大暴落しました。

 

 

ECB(欧州中央銀行)が近いうちに量的緩和をする可能性があり、
ユーロ安の圧力が強くなるので、スイス中央銀行はこれ以上は
介入で維持することが難しいと判断した模様です。

 

 

EUR/CHFはものの数分で2000pipsも暴落。
CHF関係の通貨はつられて大きく変動。
まさにスイスショックの到来です。

 

 

スイスショック ペッグ制崩壊

 

 

 
スポンサーリンク

2015年度 為替・株式ニュース関連ページ

2017年度 為替・株式ニュース
2017年度の為替・株式ニュースを所感を交えてアップしていきたいと思います。
2016年度 為替・株式ニュース
2016年度の為替・株式ニュースを所感を交えてアップしていきたいと思います。
2014年度 為替・株式ニュース
2014年度の為替・株式ニュースを所感を交えてアップしていきたいと思います。

 
TOP PAGE SITE MAP ツルクワ概要 投資基礎編 FX投資編 株投資編 管理情報